薄毛は染毛も原因?

薄毛に悩まされているという方は少なくありませんが、薄毛の原因の一つに、髪の染めすぎ、染毛によるものがあります。髪を染めすぎるとなぜ薄毛になってしまうのか、髪の染めすぎで起る薄毛についてご説明します。

結論から言いますと、染毛液だけでは、ハゲてしまうということは有りません。染めた時に確かにスーッとした感じがしますし、頭皮がひりひりとする感覚がありますが、余程頻繁に染めなければ、薄毛になる心配は低いでしょう。ですが、染毛液が頭皮に付着してしまった場合は話が別です。
若ハゲ特に、まだ頭皮がしっかりとしていないような未成年者の場合。
特に青少年の場合は、まだ頭皮がしっかりと成長していない為、髪を染めるごとに頭皮が大ダメージを負い、発毛、育毛に深刻な影響を与えます。
その場ですぐに薄毛になるという事はありませんが、一度受けたダメージはなかなか回復せず、蓄積して行ってしまいますので、頻繁に染毛をしてしまうと、頭皮が致命傷を負い、薄毛だけではなく、若ハゲの原因にも繋がってしまうのです。

髪を染めること自体は悪いことではありませんが、髪を染めすぎてしまうと、薄毛になりやすくなるということは、しっかりと頭に入れておきましょう。また、幼少期からお子さんの頭を染めると、お子さんが将来ハゲる可能性が高くなるという事を、親御さんはしっかり理解しておかなければいけません。親のせいで子供が薄毛になってしまっては、恨まれても仕方がないと言えるでしょう。