薄毛予防方法

染毛による薄毛を予防するためには、いくつかのポイントがあります。

まず初めに、幼少期のお子さんには絶対に染毛を行わないという事です。幼少期のお子さんはどうしても染毛液の刺激に頭皮が敏感ですので、余程の事情でない限り髪を染めないようにしましょう。お子さんの髪を染めるたびに、若ハゲが出来ると思っても構いません。

円形脱毛次に、自己免疫疾患を持っている人は、絶対に染毛をしないという事です。
自己免疫疾患の方は、どうしても染毛をしてしまうと、頭皮が敏感に反応し、円形脱毛症や薄毛などを引き起こすきっかけに繋がる可能性が高まります
一度薄毛になってしまってからでは遅いので、病気が完治するまで、染毛は絶対に行わないようにしましょう。

最後に、染毛の際にはプロの美容師さんにやってもらうということです。セルフ脱毛は、どんなに気を付けていても頭皮に染毛液が付いてしまう可能性が高く、頭皮に染毛液が付いてしまった結果、薄毛を進行させてしまう可能性があります。薄毛を予防したいという方は特に、染毛はプロの手に任せるようにすることが大切です。お金をかける価値がありますので、染毛を安心してやりたいという方は、美容室へ予約を入れるようにして下さい。


染毛で薄毛になる人

髪の毛を染めることで薄毛になるというのはイコールではありませんが、人によっては、染毛によって薄毛になってしまうことも確かにあります。具体的にはどんな人が危険なのか、染毛で薄毛になりやすい人をご説明します。

子供まず一つ目は、まだ頭皮が強くない、幼少期のお子さんです。
幼少期のお子さんに大人と同じように染毛を行うと、お子さんの頭皮に大きな負担がかかり、将来的にハゲてしまう可能性が高いと言えるでしょう。
お子さんをハゲさせたくなければ、絶対に染毛を行わないことをオススメします。

二つ目は、自己免疫力が落ちている方、自己免疫疾患の方の場合です。
自己免疫疾患とは、何らかの理由で自己免疫機能が休止してしまっている疾患の事を差すのですが、この自己免疫疾患の際に、頭皮から染毛液を吸収してしまうと、抜け毛の原因に繋がります。自己免疫疾患と診断されている方は、症状が回復するまでは、絶対に染毛を行ってはいけません。

そして三つ目は、染毛液を頭皮に塗っている人です。染毛液は髪の毛を染めることを目的として作られていますが、頭皮に塗ってしまうことで非常に負担がかかり、結果的に薄毛になってしまうこともあります。染毛の際には、頭皮には塗らないように心がけることが大切です。


薄毛は染毛も原因?

薄毛に悩まされているという方は少なくありませんが、薄毛の原因の一つに、髪の染めすぎ、染毛によるものがあります。髪を染めすぎるとなぜ薄毛になってしまうのか、髪の染めすぎで起る薄毛についてご説明します。

結論から言いますと、染毛液だけでは、ハゲてしまうということは有りません。染めた時に確かにスーッとした感じがしますし、頭皮がひりひりとする感覚がありますが、余程頻繁に染めなければ、薄毛になる心配は低いでしょう。ですが、染毛液が頭皮に付着してしまった場合は話が別です。
若ハゲ特に、まだ頭皮がしっかりとしていないような未成年者の場合。
特に青少年の場合は、まだ頭皮がしっかりと成長していない為、髪を染めるごとに頭皮が大ダメージを負い、発毛、育毛に深刻な影響を与えます。
その場ですぐに薄毛になるという事はありませんが、一度受けたダメージはなかなか回復せず、蓄積して行ってしまいますので、頻繁に染毛をしてしまうと、頭皮が致命傷を負い、薄毛だけではなく、若ハゲの原因にも繋がってしまうのです。

髪を染めること自体は悪いことではありませんが、髪を染めすぎてしまうと、薄毛になりやすくなるということは、しっかりと頭に入れておきましょう。また、幼少期からお子さんの頭を染めると、お子さんが将来ハゲる可能性が高くなるという事を、親御さんはしっかり理解しておかなければいけません。親のせいで子供が薄毛になってしまっては、恨まれても仕方がないと言えるでしょう。